空きオフィスを住居ヘコンバージョンする

街を歩いていると空きオフィスが結構多いことを実際目にする機会も多いのではないでしょうか。
築古の小型ピルで、ちょっと場所が悪ければ、山の手の内側でも坪9000円以下であったり、大型の新築オフィスでもフリーレント6ヶ月、さらには都内の宅建業者すべてにテレアポ
をして事務所物件のテナント付けを営業している会社があるなど、事務所物件は、大小問わず空室に困っていることが多いようです。

事務所系の賃貸市場は、景気との相関が高く、景気が悪くなると、坪いくらなら借りる、借りない、という以前に、そもそも新規開業案件が少ないという状況に陥り、こうなると、事務所系の賃貸市場の冷え込みは相当厳しくなってきます。
その一方で、価格を下げさえすれば、学生、外国人、シェアハウスなども含め、住居系は基本的な住居需要が常時存在するため、テナントを手堅く付けやすい傾向があります。
そこで、多くの人が事務所や倉庫であった物件を、居住用にコンバージョンすることを考えるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です